台湾人嫁in神戸

<   2006年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

九份 (ジョウフェン)

九份(ジョウフェン)という町は映画のロケ地になるまで行ったこともない人が多いと思います。
f0113237_13172632.jpg

九份は台北と基隆の間にある、小さな町です。 1950年代は金鉱区で一時期繁栄しましたが、金鉱の時代が終わるとこの町も忘れられていました。 私は五専時代(高校と大学を合併した感じの5年制専門学校)毎日、台北から基隆にある学校に通っていましたが、台北と基隆の間にある九份には一度も行ったことがありませんでした。 しかし、この忘れられた町が今では、台湾で誰もが知っている有名な観光地になっています。

f0113237_13191350.jpgこの町は映画「悲情城市」のロケ地に使われた後、そのレトロな風景と鉱山跡地が、あっと言う間に話題になり、観光客が次から次へと足を運び始めたので再びこの町に花が咲いたのです。 

早速、この10月台湾に帰省した際に、拝見させていただきました。
九份は台北から車で約30分~1時間です(渋滞による)。 平日の観光客はそれほど多くはないようですが、週末はとても混雑するそうです。 ですから、平日の方か無難でしょう。 今回は運が良くて、現地の友人に車で連れて行ってもらったが、友達によると電車やバスなどで行かれる場合は行き/帰りはとても時間かかるそうです。 日本から初めて行かれる方にはツアーと一緒に行ったほうがいいそうです。

f0113237_13203934.jpg九份は海を一望できる山の中腹にある小さい町です。 近くに車を止めたら、入口を探さなくても人波について行けば大丈夫です。 市場のような入口で、道の幅は2メートルもない石道でそこを歩いていくと、両側には食堂、お土産店、かき氷店などいろんな店が次々と目の前に現れてきます。 金鉱時代に細く狭い道を人々が行き交いにぎわっていた風景が目に浮かぶのです。まるで50年代に戻った気分。 少し小腹がすいたので、たまたま目についた小さな店に入ったのですが店の古い内装に惹かれました。古いフレームに古い写真と大きな赤いランタン。 古いテーブルに古いベンチ。 ただ、店はなんとなくちょっと汚い感じ(台湾で生まれた私もさすがにちょっと引いちゃいました)ですが、それを気にせず食べたら意外とおいしい発見! 注文したのは揚げ豆腐、湯葉の野菜巻揚げと台湾風カキフライ。 満腹になって店を後にし、ひき続き道を登っていきました。

f0113237_13214625.jpg更に歩くとお茶の店が次々に現れました。 誘惑に耐えれず再び茶屋へ。 店内にはいろんな茶器が飾られており、また置かれてあるポットからは暖かい湯気が吹き出ていて、そこに居るだけで癒された気分。 温かい東方美人(烏龍茶)と台湾茶菓子をいただきながらほっと一息。 台湾茶を飲みながら古代の詩人を思い描き海を眺めていました。 

美味しい東方美人を頂いた後、更に歩いていくと海を一望できるポイントに辿り着きました。f0113237_13225447.jpg ”陰陽海”とよばれる海で、遠く山と山の間に挟まれていて、金鉱山から鉱の成分が含まれるため金色になって流れ出る川と青い海とが出会う大自然が作った二色の海です。

ここに居ると、あっという間に時間が過ぎてしまいました。 もっともっとここでのんびりとお茶をしたかったのですが、夕方になると高速道路が渋滞し始めるので、また次回ゆっくりすることになりました。 

九份は本当にいい所でした。 決してテーマパークみたいに広くはないですが隅から隅までいい写真スポットでした。 是非一度行ってみてください。
[PR]
by happytaiwan | 2006-11-17 00:00 | 九份

蚵仔煎 (オアゼン)

蚵仔煎は私一番好きな台湾小料理。

f0113237_1424546.jpg帰省した際、飛行機から降りて一番最初に食べたい物はこれ。 
蚵仔煎は台湾語で「オアゼン」と言います。 「蚵仔」は牡蠣。「煎」はパンフライの意味。 日本のお好み焼きとちょっと似てる。 牡蠣、玉子、小白菜と片栗粉、地瓜粉でパンフライした一品。 作り上げた蚵仔煎を甜不辣醤(甘い辛いソース)で仕上げ、とてもヘルシーで美味しい。 私にとって一番美味しいのは、その片栗粉と地瓜粉で作った透明状・コシがある生地。 甜不辣醤との相性は抜群! 何とも言えない食感。 見た目はそんなにチャーミングではないけど、食べてみれば分かるはず。 

蚵仔煎は百貨店のフードコートでも食べれるのですが、夜市の屋台でも食べれます。 一皿は約45元台幣(約150円)。 しかし、おやつ程度なので、お腹がいっぱいにはなりません。
[PR]
by happytaiwan | 2006-11-14 00:00 | 夜市・グルメ

臭豆腐 (ツォトウフ)

これもまたとても美味しい一品。

f0113237_1838326.jpg「臭豆腐」、名前を読んだら多分想像できる、臭い豆腐です。 本当に臭いですか? 
はい、本当に臭いです。  でもこの臭さは私にはたまりません。 あなたも凄く好きになるかも。

臭豆腐はなんで臭いのか?理由はちゃんとあります。 臭豆腐はチーズのように発酵しているのです。 天然の臭豆腐はフレッシュな野菜と漢方で臭豆腐菌種を培養し、豆腐を入れて発酵するです。 発酵した臭豆腐は油で揚げて、一口サイズを切って、醤油ベースのピリ辛ソースをかけ、台湾キムチを盛り付けて出来上がり!カリカリの皮と軟らかいの食感とその臭さは何とも言えない最高のコンビです。 これもレストランではなく、夜市の屋台や町の屋台でしか食べれない。 一皿は約20~30元台幣(約80~120円)。 屋台も色々あるのですが、できるだけ清潔感がある屋台を選びましょう。
[PR]
by happytaiwan | 2006-11-13 00:00 | 夜市・グルメ

初めての台湾

初めて台湾へ行かれる方は、季節を選んで行くのがおすすめです。

暑いお盆休みより、涼しいゴールデンウィークやお正月のほうか無難でしょう。台湾は南の島なので、夏は日本より湿度が高いし、気温も高いです。さらに、地球温暖化のため、毎年気温が上がっています。せっかく旅行に行くなら、気持ちいい気候で、美味しいものを楽しめる季節に行ったほうかいいでしょう。 f0113237_14474856.jpg

台湾は5月頃から気温が上がり始め、6月には“暑い”と感じます。7月と8月は本番の“ベタベタの暑い夏”で、涼しい・気持いいと感じるのは10月以降かな~ そして、旧正月はまだ少し寒いかもしれませんが、台湾の旧正月はにぎやかで面白いと思います。
[PR]
by happytaiwan | 2006-11-12 00:00 | はじめに

自己紹介

                  はじめまして、チャーリンと申します。
f0113237_14515215.jpg

私は台湾・台北で生まれ、15才でカナダ・アメリカに留学。
その後、日本に嫁に来てもうすぐ10年、現在34才。 っと、考えたら、人生の半分以上は異郷で生きていました。

でも、やはり、台湾が好きで、小さい頃の台北を今もよく思い出します。
台湾の料理、風景、人情、すべては私の心の中の大切な宝物。 台湾人ですので、「今度、台湾に旅行に行きます。おすすめの場所や食べ物を教えてください。」っと、外国の友人によく聞かれます。(困ったね…)、実は台湾への記憶は15才のままで止まってしまったよ。今の台湾も多分大きく変わったし、道も良く分からないし… (でも、やはり、台湾の良さを皆に教えてあげたい!)←という、この真っ赤の壁紙みたいな熱い情熱で、毎回台湾へ帰った時に、一つの場所や美味しい物を発見して、皆さんに紹介したいと思います。 

台湾についてもっと知っていただきたいし、もし行く機会があればご参考にしていただけたらと思います。 どうぞ、請多多指教!
[PR]
by happytaiwan | 2006-11-11 00:00 | はじめに



神戸での日々、台湾のこと、育児日記
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
マイリンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧